HOME スマホサイト 良くある質問  ソーシャル・ラーニング 無料ダウンロード
対話集教材
表現集教材
 モニター募集
個人レッスン 
英語学習者の広場
ソーシャル・ラーニング
英語の話せない理由
FAQ
管理者プロフィール
管理者ブログ
プライバシー・ポリシー
支払い(PAYPAL)
特定商取引法の記載
私は1944年に満州の新京で生まれました。私は1972年にカルフォルニアのサンディエゴ州立大学の経営学部のマーケティング科を卒業しました。卒業して直ぐに英語のビジネス通訳として働きました。最初はフリーランサーとして働いておりました。後に企業で通訳や営業活動をしておりました。

最も長い通訳をしたのが1983年の東京ディズニーランドの開園前後です。TDLでは10ヵ月程働きました。航空機が好きで三井物産の依頼でDC−9のジェット機とかJAC運用のSAAB340の双発機、ベル222等の回転翼の通訳はかなりやっております。大陽工業での仕事は米国やカナダのベル・ヘリコプター社への売り込みの通訳でした。

製鉄関係では住友金属工業の連連鋳(連続鋳造の連続操業)の仕事もかなり得意としておりました。自動車では富士重工業が米国へ進出の際に何度かお手伝いをさせえてもらいました。食品関係ではドトールコーヒーの輸入機材販社のマグナインターナショナルの通訳を5〜6年ほどやっておりました。

長い事英語学習してきたのですが、60才近くになりどうも自分の英語に疑問を感じ始めました。日本語を英語に訳した英語はあくまでも通訳英語であり、英語の響きが自然ではないのです。また発音記号をベースに習得した発音は不自然であり、ネイティブのような自然な発音ではありませんでした。

音のストリームと最適性理論
言語の音声に関心を持ち、夢中でネットや本で調べ始めました。そして2chやいろいろな掲示板で自分の意見を述べるようになりました。ネットで多くの方と議論もしております。そして遂に科学的に解析すれば言語の音声は音素(発音記号)のような基本の音が並んだものでなく、連続的な音のストリームであること分かりました。

また言語をつかさどる脳もコンピュータとは違うニューラル・ネットワークであり、音のストリームであるアナログデータを処理するには最適な仕組みである事が分かりました。つまり英語の音声は発音記号の音を並べるよりは、連続的に変化させた方がずっと脳の記憶や音声認識には相性が良いのです。もちろん音のストリームの方が発音は楽である事は言うまでもありません。

基本の音のない言語音を認識したり、記憶するために科学の分野で確立されており最適性理論で完全に説明できる事も分かりました。

覚えれば英語は話せる
科学的に考えるろ言語音はどう教えるのが理想的であるかに大変興味を持っております。いろいろ調べたのですが、最も参考になるのは母語である日本語の習得方法です。日本語の習得は基本となる発音記号も文法の習わずに、日本語の表現をあるがままにどんどん覚えるだけの、言ってみれば最適性理論による強化学習です。

人間の脳は母語も第二言語も記憶や音声認識の扱いは同じです。それならば基本的に母語の学習と第二言語の学習は同じであると考えました。つまり英語の表現を日本語のように最初からどんどん覚える方法が最も効果的であると思いました。第二言語の習得では録音によるフィードバックを重視しております。

2008年から本格的なネット活動による音声英語教育を始めました。音のストリーム・ベースにした英語教育の普及であり、教材と音声のコンテンツと個人レッスンの販売です。

そしてモニター制度を始めました。2009年から2014までに延べ200人近くの方を教えてきまいた。現在でも常時、有料またはモニター制度で数十人前後の方を教えております。

2013年からはスマホを英語学習端末に活用すること始めました。スマホサイトを構築してスマホで最も効果的な学習教材や学習方法を提供しております。

忘れ難いように、自動化して覚える
多くの方を教える事により、対話練習をすれば英語を音のストリームで覚える事により、最も効果的に忘れ難くく、英語を音で覚えるにつれ加速度的に覚えられる事に自信が持てるようになりました。そして多くの学習者の方から覚える事がリスニング能力も向上させることが実感できました。

反復練習で自動化して、確実に覚えるきる事が大事です。そしてその記憶が累積効果として作用して、次の記憶を楽にしてくれます。

研究成果をアマゾンのKDPで電子書籍を販売
これらの教育の経験をまとめて、2013年4月には“脳科学と音声科学で解明した、楽しい効果的な英語学習”の電子書籍を販売しました。これは今までに多くの方に協力を得て、音のストリーム・ベースの英語教育の成果をまとめてものです。

英語のソーシャルラーニング
英語を教えていくにつれ、英語学習を継続させるためには、教育方法や先生だけでは十分でありません。学習者間のコミュニケーションが必要である事が分かってきました。英語の学習者同志がお互いに対話練習をしたり、英語を話したり練習をするものです。そしてお互いに励まし合いながら英語学習を進める事は大変に有意義であることが分かってきました。

http://eigonohiroba.info/

そこで英語学習者の広場を作り、英語学習を総合的にサポートしていきます。この広場では、当面日本人学習者が主体となりますが、将来的には日本語ができない英語ネイティブの参加も考えております。独自のアプリの制作も検討しております。
 
 
 
 
 
 
 
HOME覚える英会話についてよくあるご質問特定商取引法の記載お問い合わせ
英語の話せない理由実践者ブログモニター募集スカイプ説明支払方法以前のPDFをお持ちの方
英語を楽しく覚える英語学習の間違い最適性理論の特徴プロフィールFAQ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英会話学習 All rights reserved.